wifiルーターとハードウェアの距離はなるべく近めに

wifiルーターを自宅に設置する場合に、気を付けたいのが機器同士の距離です。wifiルーターと接続するハードウェアの間に、距離があり過ぎると電波の感度が落ちやすくなります。一戸建て住宅や部屋数が多いマンションの場合などは、意識して設置場所を考えないと知らず知らずのうちに機器同士を離れて置いてしまうかもしれません。距離があり過ぎると、ネット回線の速度が悪くなったり接続状態が不安定になる等、安心してネットサーフィンが出来ない状態になります。家族が最もよく利用するリビングなどに、wifiルーターは設置したいところです。

wifiルーターの電波は本体を起点にして円範囲で拡散されます。そのため、同じリビングに置くにしても、部屋の四角に設置するよりもなるべく中央付近に設置した方が電波の感度がより安定します。

電波の感度を落とさないための工夫を

wifiルーターと接続するハードウェアの間に、障害物があると電波の感度が落ちやすくなります。大型の家具や分厚いリビングの扉などが間に入ると、比較的機器同士の距離が近くても、wifiルーターの回線速度や安定性が減少する可能性大です。また住宅の建材や間取りの形によって、距離が近くてもwifiルーターのパフォーマンスが低下する事もありますので、速度や安定性に不安を覚えた時は設置場所を早めに再検討したいところです。

wifiルーター本体の近くに、別の電波を出す電子機器を設置するのはNGです。Bluetoothや同じWi-Fiを利用する電子機器を、wifiルーターの隣に設置するとお互いの電波が干渉してしまい、それぞれの機器の感度が落ちます。また電子レンジは非常に強力な電波を放つ家電であり、wifiルーターはなるべく台所から遠く離れた場所に置くのがベストです。

最近の格安wifiの品質はとても向上していて、通信が止まったり不安定になってしまうような事はなくなってきています。